事故や法律的な処理がある場合はその道のプロに相談

相続税の計算方法

相続税の計算方法は素人には複雑です

毎日生活していると、何らかの税金を払っていますが、亡くなってからも税金がかかってきます。葬儀屋さんの消費税もそうですし、相続税もその一つです。それほど資産がないので関係ないと思っている人も多いでしょうが、相続税が改正されて税金がかかってくる額が引き下げられました。最終的に納税義務があるかどうかは別にして、相続税について考えておくのも残させた家族のためになります。考えると言っても、その計算方法は複雑です。素人が完璧に計算するのは無理な位のレベルです。税理士事務者や金融機関で、無料の相続税講座を開くこともありますので、まずはそれに参加して基礎的なことから、税金がかかるものとかからないものを勉強していきましょう。

相続税の算定には不動産の計算が大切です

相続税は亡くなった人の名義の金銭価値があるものにかかってきます。現金や預金はすぐに金額が判断できますが、不動産はそうはいきません。不動産の専門家に鑑定して貰う必要があります。家族に内緒の借金がある場合も複雑です。それは特殊な場合かもしれませんが、全ての項目を落ちなく拾いだして計算するのは、家族であっても難しいことです。税理士や金融機関などの専門家に聞き取りをされながら、一つ一つ解決していくしかありません。相続の対象となる子供や兄弟などと疎遠になっていると、手続きが難しくなることもありますので、日頃から連絡を取り合っていたほうがいいでしょう。相続税の計算は素人には難しすぎますので、生前からどこに依頼するのか決めておくのもいいでしょう。